第159 「むむむ無題」

 長らくお休みさせて頂いておりました。
ちょっと体力も落ちていたのか
ついでにめずらしく風邪もひいてしまいました。

 そういう訳で、久しぶりに書きます。

 いや、やはり仕事が忙しくなると、時間配分が
上手にできなくなってくるものです。

 やらなけらばならない事の間の
空いた時間で何かをしようと思っても
そこに必ず何かが割り込んでくるといった具合に
なかなか思うようにいきません。

 やはり剣道をする時間が無くなることは
自分にとってはなかなかつらい物があります。

 モチベーションを保てるうちは、それでもいいんですけど
体力的にも疲れてくると、稽古に対してすら、なかなか気分も重くなります。
そんな調子だと、やはり散々に打ち込まれます。
すると、剣道についてあれこれ考えることになります。これがいけない。
あれこれ考え始めると、結局また悩んだまま剣道をすることになります。

 突然勝てなくなる時があります。思うようにいかない時があります。

 その時にどうするか。自分の信念を貫く事が大切だと思います。
自分が何をどうしたいのか、明確に答えが見えていれば
たとえ負けてもそれが次への一歩につながる訳です。
心が揺らがなければ、自分でもどこを叩かれようが
負けたとは思わない。そんなもんです。

 逆についうっかり信念を曲げて負けた時ほど、後悔することはありません。

 では、信念を曲げて勝った場合、それはそれでもいいと思います。
ただ、はやりそれではいけないと、その倍反省しなければなりません。
気分はいいですが、それで満足すると、やはり「勝てばいいのか」
と言うことになってしまいます。

 勝負は勝負ですから、勝ったほうが良いに越したことはないのですが、
私の友人は見事な勝ち方もしますが、負けっぷりも実に見事です。
すばらしい剣道だと思います。

 見事な負けっぷりというのは、まだ自分でできないことが多く
ひたすら反省の限りです。

 勝っても負けても、人の心を打つ。
自分で気付く、そして自分自身の殻を打破する。
それが本当に価値のあることなのかもしれません。

 いや、理想を語る事は実に簡単ですが
現実は実に難しいものです。むむむ...。

Comments

No title

ありがとうございます。こちらの方の書き込み殆どチェックしたことないので...。すみません。

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.