第139号 「四十肩」

 四十代半ばにして、とうとうなってしまいました。
そう、四十肩です。

 車の運転が終わって、車から降りてトランクを開けたとたんに
「アレ?腕があがらない」
無理に上げると肩に不穏な痛みが走りました。
あ、これはもしかして、と思ったら案の定です。
それからほとんどの角度で左腕を肩より上に上げることができず
うっかり左手でコップをつかむと「ううっ」という状態になってしまいました。

 しかも稽古の前にです。そして稽古。

 不安を抱えてのぞんだ稽古ですが、不思議なことに
なぜか竹刀を持って、まっすぐ左手を額の上まで振り上げる動作だけは
普通にできるんです。でも、他の動作はまるでだめ。
早く違う角度から竹刀を振り上げて打とうとすると
ぜんぜんうまくいかないどころか、肩が動かない。

 「はっ!これはきっと、まっすぐ大きく振る稽古をしろという意味に違いない!」
と、得意の訳のわからないポジティブシンキングで稽古をしたんですが、
まあハンディがあるとかえって燃えるというか、楽しく稽古ができました。

 肩に関してはありがたいことに色々な方が色々なアドバイスを下さいました。
そういえば、大昔に読んだ本には、「よく暖めて動かす事」と書いてあった気がしました。
うすうす「これは絶対に違うんだろうなー」と思いながら、ちょっとネットで
検索してみると、やっぱり少し違いましたね。(笑)

 結局のところ、名前は違うものの症状は他のスポーツ障害と同じで、
動きに痛みが伴うのは、つまりが損傷か炎症ですから、
他の怪我と同じく、急に痛みが出たときは
RICE-Rest(安静) Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(高挙)
と呼ばれる処置が有効です。

 ということで、稽古の後は帰宅してすぐにアイシングをして
消炎剤の入った湿布をしました。肩は既に心臓より上ですから
問題ないとして、アイシングパッドをタオルでしばって
おしつけながら、その上からちょっときつめのジャージを着ていました。
後はマッサージチェアで肩甲骨の筋肉の硬くなった部分も
もみほぐしながら、そのまま爆睡です。
翌日は相当痛みもひいて、いい感じです。

 そして、痛みが治まったら暖めて血行を良くしながら
少しずつ可動域を広げるということが必要のようです。

 肩を使う運動といえば...素振りです。
よし、今から素振りだ!!!
(心配してくださった方々、頭悪くてすみません。)

 皆様も、怪我にはお気をつけください。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.

まとめtyaiました【第139号 「四十肩」】

 四十代半ばにして、とうとうなってしまいました。そう、四十肩です。 車の運転が終わって、車から降りてトランクを開けたとたんに「アレ?腕があがらない」無理に上げると肩に不...