223号「再生」

久しぶりにブログ更新です。
半年間、大きなイベントなどが続き、色々思う事はあっても、中々手が回らないというのが正直なところで、しばらくブログお休みしてました。

月に三回という予定で書いていましたが、仕事以外でプレッシャーの解消や義務の為に、何かをするのはやめようと決めたので、自分の気持ちに正直に、ブログはストップしました。今は少し気持ちに余裕ができたので、また剣道について書こうと思います。

ここ数年の間は、良い落ち着いた剣道をしよう、若い頃とは違う大人の剣道をしよう、とがんばってきました。でも、戦う事の本質を少し忘れてしまっていたのではないかと言う気もするのです。

何が正しいのかわかりません。でも、理想の剣道はやっぱり強い剣道です。やっぱり、悩みながら懸命にやってみて、その中で作り上げられていくもので、作ろうと思って出来るものではないのだと思います。

何段を目指すにしても、やはり自分自身を見つめる事が大切だと思います。先生が100人いれば、100通りの違うアドバイスがあります。中には正反対の事をおっしゃる先生方もいらっしゃいます。しかし、それも全て正解です。だから、稽古の中で、こだわる部分とこだわらない部分、色々と悩んで稽古をしていく中で、何か自分の形が出来てくる。それが次第に自分の剣道になって行くのではないでしょうか。

それには「どうやって勝つか」と「自分はどうあるべきか」、この二つが絶妙に自分の中でバランスが取れた時に、きっと自分自身でも、少し納得のできる剣道が出来るのではないかと思っています。そんな日が来るかなあ。

これまでとは違う気持で素振りをしていると、なんだか自分が再生していくような気がします。
だからと言って強くなった訳でも上手くなった訳でもありませんけどね。