第220号 「ボイトレ初体験」

 先日、生まれて初めてボイストレーニングを受けました。いや、別に歌手になりたい訳ではないんですが、やはりなんでも経験ですからね。時間を作って知り合いの先生にお願いすることになりました。

 ボイストレーニングの基礎は、正しい体の使い方を覚えることです。ストレッチをしたりしながら、正しい姿勢を作ったあとで、腹式呼吸の練習をします。 武道では腹式呼吸を使います。剣道でかける気合は、丹田から出す声の響きに本質がありますから、似ているところもあるだろうな、なんて軽い気持ちでやってみたら、これが全然違う。確かに、姿勢に関しては、同じ所も沢山ありました。首の後ろを延ばす、腕や肩や膝の力を抜く、丹田を膨らませるイメージをする、鳩尾を張る、等々。しかし、腹式呼吸を行いながら、喉を開いて声を出すのが思うより難しい。無意識に剣道でやっているはずなのに難しい。

先生:「腹式呼吸をしてみましょう」
私: すぅーっ。はーっ。
先生:「あの、癖だと思うんですけど、両脚は肩幅で…」

首筋を伸ばすと同時に、いつの間にか右足を前にしながら剣道の中段に構えていた私。(笑)

先生:「じゃ声をだしてみましょう」
私:「アー」
先生:「あ、膝はちょっと曲げてもいいかも…」

鳩尾を張ると同時に、いつの間にか弓道の胴づくり(足を開いてひかがみを張り、尾てい骨を固定するような立ち方)をしていた私。(笑)

(あーあ、案の定、俺って武道バカだなあ。)なんて思いながら、がんばって言われたとおりに声を出そうとするも、思ったよりずっと難しい。プロってすごいなあと感心しつつ、あっという間に終わったレッスンでした。体の使い方やバランス、立ち方の話など、私も武道の話など紹介しながらも、色々な話を聞けてとても勉強になりました。

 まあ、良く考えれば、逆に歌手全員が剣道の気合が上手かというと、そこはやっぱり違うと思いますから、最初から発声が上手く出来なくてもがっかりする必要もないんですが、いつかもっとうまく声が出せるようになればいいなあなんて思います。

 こう書くと、「じゃ一曲歌って」と言う友人が絶対いるんですが、それは剣道の初心者に、ちょっとみんなの前で模範試合してくれ、と言っているのと同じですので、そのリクエストは却下。でも、剣道の気合がいつのまにか美声になっていたら、こっそり教えて下さい。(笑)

 そして、「あー、あー、あー」と発声練習する怪しい姿で運転しながら、正月の買い出しの為に真夏のフリーウェイを飛ばしつつ、今年もだんだん暮れてゆきます。

 皆様も、どうぞ良いお年を。

第219号 「行く道、まだ半ば」

 人には若い時にしかできない事もあれば、若い時には見えない事もあります。この若いという意味は、実年齢の事だけではなく、その道における精神的な成熟さも含めてという事です。

 若い時は、肉体的な強さや、技の巧みさ、スピードを求めます。それは勝つことが目的だからです。負けてしまえば意味がない。勝つために強くなりたい。強くなりたいから稽古をする。それは決して悪い事ではありません。体を虐めるように鍛えて力をつけるのは若い時にしかできない事です。

 そして、体力もスピードも衰えた時、その時に何が見え、何を目指すかは一人一人違うと思います。でも、日々精進していれば、若い時や初級者や中級者だった時には見えなかった何かが必ず見えてくる。それが道における成熟なのではないでしょうか。

 強さにこだわるのは良い事だと思います。武道を修めるからには、何歳になっても強くなりたい。でも、どうやったら相手の隙をついて勝てるかばかり考えているのは、良い言い方をすれば若い、悪い言い方をすれば未熟なのだと思います。相手を圧倒すること以上に、相手を受け入れる事が出来始めたら、そして自分の強さを磨くこと以上に、自分の弱さを受け入れる事が出来始めたら、それこそが次の更なる高く険しい道への道しるべが見えたという事なのではないでしょうか。

 そこから先は、恩師や多くの友人や家族が見守り、時には背中を押し、手を引いてくれるはずです。ですから、あとは我慢強く一歩一歩踏みしめて登ってゆけば良いのだと思います。長い長い道のりなのですから。

第218号 継続に意味はあるか。

 「継続は力なり」という言葉があります。継続することで学ぶ事もたくさんありますが、ただ続けているだけでは技術の進歩はなく、上達に繋がらなければ、あまり多くの事は学べません。したがって、単に継続することそのものに対しては、休まず続けて努力をしたという価値はあると思いますが、その努力が上達に繋がらないのは、やはり残念です。

 物事を継続する中で常に色々と創意工夫し、たくさんの失敗を重ねながら続けることに意味があります。しかし、ある程度上達したからといって、慢心して稽古を怠ると、やはり加齢と共に技術力は低下します。正しいやり方、つまり年齢や体力合った色々なやり方で継続していくことが大切です。

 また、技術の習得と同時に、知識や素養も必要です。体を動かして技術を習得すると同時に、昔の事を研究したり、他の人たちと交流をして意見交換などをしたり、そして技術のみならず、考え方や人としての在り方などを考える機会を持つことです。なぜなら、技術が上達した人は、必然的に指導者としての立場になるからです。

 指導者は必ず「人としての精神的な成熟」を要求されます。ですから、指導者の立場になっても、技術と同時に人としての素養、言い換えれば人間性を磨くために、更に努力し続けなければならないのです。自分が得てきたものを後進に教え伝える中で、自らが継続することの本当の価値を生かすことが出来るのはないでしょうか。