第195号 こだわりと固執

 剣道では、よく面から攻めなさいと言われます。
私も昔、先生に「小手から渡って打っていくような剣道は
してはいけませんよ」とお言葉を頂いたことがあります。

 高段者の審査でも、やはりご指導を頂く先生方は、
正面から攻めて打ち込んだ面を見たいとおっしゃいます。

 面も小手も胴も、そして突きも、試合では同じ一本ですし、
技によって難易度が変わることはありません。審査でも、
小手を打ったから駄目だなんてことはありません。

 しかし、高段者を目指すなら、やはり面と言われます。
特に上の先生方に、稽古をお願いする時は、
技を返されようが捌かれようが、全身全霊で
ただまっすぐ面に行くことがほとんどですし、
逆に若い下の段位の方と稽古をする時も、
返し技や出ばなの技を狙っているとわかっても、
あえて遠くからまっすぐ面だけ打ってみたり。

 胴は個人的には好きな技ですが、結局は後の技です。
先を仕掛けて相手に竹刀を振り上げさせなければならず、
相手が中段であれば構えている時は打てません。

 一方、面も小手も先を掛ける、すなわち
相手の心の隙を見て、飛び込んで打つことができます。
しかし、面は小手より遠くにあります。
それだけ、難しいということです。

 しかし、固執はいけません。なんとしても面を打ってやろう
と考えるのは、逆に心に隙を作ってしまいます。

 私もまだまだ未熟ですが、合気になれる相手には、
自然と何も考えずに正面から面を打ちに行くように責めて、
そこから状況に応じて自然に色々な技が出る
というような稽古をだんだん意識せずに行える
ようになってきているなら嬉しいです。

 ただ固執する事とこだわる事とは違います。
ですから、とにかく面を打たなければと固執するのではなく
面にこだわって、正面から攻めて、そこで自然の流れで
とっさに小手や胴が打てたら、それはそれで良いと思います。

 とらわれない心と変わらない気持ち。これが何事にも必要
なのではないでしょうか。