第183号「寸止め」

 寸止めという言葉があります。

 相手にあたる直前に打突を止めることなのですが、
昔の木刀による剣術の稽古ではこのような稽古が行われていました。
現代では主に空手などでよく使われる言葉です。
空手は流派によっては防具とグローブを付けて行ったり、
逆に顔面と急所への突き蹴り以外は認めるという
稽古や試合をしている流派もありますが
多くは寸止めで稽古を行っています。
寸止め、つまりは3センチくらいのところで
拳や蹴りを止める稽古で、目的は当然危険回避の為です。

 剣道では、剣道形など木刀で稽古をする時以外、
つまり防具をつける場合は寸止めはありません。
ですが、寸止めに近い形で稽古をすべき場合があります。

 それは大人が子供と稽古をする場合です。
例えば、自分より相当背の低い子供に、
思いっきり大人の力で打ちこんだらどうなるでしょう。
防具をつけていても失神するぐらいの激痛が走ります。
防具を付けていないところであれば、大怪我をする可能性があります。
そうなることが予想される限り、それは危険行為の他になりません。

 子供でも打突に手を抜かないというのは大切な事です。
しかし、ここで勘違いすべきではない事は、
打たれて痛いような強い打突を子供に与えることではなく、
気合い、体勢、技の上で手を抜かないと言う事です。
当然ながら、軽すぎる撃ちにしてしまったり、
遅すぎる動きでは指導上良くありません。
子供が剣道はそういうものであると勘違いし、それを真似するからです。
 また、試合で良く見られるような速く軽い打突は、
基本稽古の時には相応しくありません。

 実は手の内の締った適度なスピードのある打突であれば
痛いという事は無いのですが、それがちゃんと出来るのは上級者です。

 では実際にはどう打つべきなのか。

 私なりに考えたことですが、まず、当たる瞬間ではなく、
その寸前に手の内を締めて、ギリギリ触るところに
ピシっとインパクトがくるようにすること。
特に小手は痛くないように、柔らかく上手に打つ必要がありますし、
面の場合は間合いを遠目にして、面金と綿布団と呼ばれる
頭上の部分を繋ぐ硬い生皮の部分、つまり額の
生え際のあたりを打つようにすること。
当然ながら面金だと自分の稽古になりませんし、
有効打突ではありません。
綿布団の上の方だと、いい音はしますが子供が痛がります。

 そもそも、刀であれば頭の正面に硬い物を斬るのに
最適な角度で刀を打ちこむための斬り込む部分はここであり、
だからこそ鉢金という鉢巻きに鉄の板を縫い付けたような、
前頭部を守る簡単な防具が使われたのです。

 話を戻しますが、最終的には打った時にある程度インパクトがあって、
しかも痛くない打ちというのが目標です。上手に柔らかく力を抜いて、
しかもインパクトの時は、ぐっと手の内を利かせて鋭い打突を出す。
これは子供の為でもあり、また同時に自分の練習でもあるわけです。

 それよりも、子供との稽古が上手になるには、
まず全ての稽古に参加している子供たちに対して
愛情を持って接することです。愛情をもって接していれば、
子供に必要以上に痛い思いはさせたくないと思うでしょう。

 その時に子供が痛がるようであれば、
それはどこかに力が入って入るか、打ちどころを間違えている、
もしくは上手に当たっていないという事です。
すなわち、子供が自分の悪い所を教えてくれているのです。

 これに聞く耳を持つ大人になれるかどうかは、
あとはあなたの人としての品格次第ですが、いかがでしょうか。
「子供でも段位が下の相手でも関係ない、剣道は格闘技だ!」
そう言う方は、少なくとも私のクラブでの稽古は
ご遠慮願いたいと思います。

 ただし、文句があるなら、個人的には納得されるまで
私がお相手しても全く構いませんが。