第188号 「真似まねマネー」

 最近、中学生になった息子の背が急に伸び、とうとう
私の袴を譲ることになってしまったため、たまたま
どこかから頂いた袴を自分用におろしました。

 これ、「中国のインターネットのお店で安く一式
購入したけれど、いらなくなりましたので」という
方から譲っていただいたものなんですけど、ちょっと
アレっと思いました。袋を開けて仕付け糸を切った
時から、その形に何とも言えない違和感があるんです。

 確かに袴としては概ね同じです。でも、細かい
部分が違う。あからさまに形が違うんじゃなくて、
ちょっとしたパーツの大きさや長さだったんです...。

 で、とりあえず、はけるんですが、脱いでいつも
通りのたたみ方をしようとすると、なんとたためない...。

 多少の流行で違いはあっても、昔からの着物の
基本的な形は数百年もの長い間受け継がれてきました。
そこには必ず大切な意味があるのです。

 たとえば、袴には、股立ちと言って、袴の横に
三角の形に割れている部分があります。

 普通、袴の下に着るのは着物ですから肌が見える
ことはあり得ませんが、剣道着が洗っているうちに縮んだり、
成長期でサイズが合わなくなったりすると、脚が見えてしまう
ことがあります。しかし、だからといって袴の前の部分を
必要以上に横に長くしたり、股立ちを小さく作ったりすると、
履いた時には相当の違和感があります。前から見れば
不格好なバギーパンツのようです。

 こんな袴でどうやって腰に刀を差せるでしょうか。何も入って
いないような、ふにゃふにゃした小さい腰板で、後ろ姿が
ビッと決まるでしょうか。袴のヒダ(洋風に言えばプリーツですかね。)
が開かずにスッと下まで伸びた、きれいな立ち姿ができるでしょうか。

 有名な建築家であるイサム・ノグチは和紙を使ったインテリア
照明のデザインなどでも有名ですが、かつて自分の照明や家具の
偽物が市場に出回り始めた時に「どうせ模造品を作るなら良い所も
完璧に真似をして欲しい」と言ったそうです。似ても似つかぬ粗悪品を
自分がデザインしたと思われるのが我慢できなかったんでしょうね。

 学ぶ為の模倣か、自分の利益を出す為だけの模造か。学ぶとは
「まねぶ」つまり真似をする事に由来します。しかし、さらに
それを良いものに発展させる目的、いつか自分なりの創造を
行なおうという意思がなければ、物マネどころか、ニセモノは
人に不利益をもたらします。

 ニセモノの剣道着、ニセモノの防具、ニセモノの指導者。
似て非なるからこそ一番困る。悪意のない罪こそ始末に悪い。
ニセモノを本物だと思わせてしまう罪は重大です。

 で、やっぱり日本製に限るよねーって言っても、日本で
安い剣道着を買ったら、大抵はやっぱり「Made in China」
なんですよね。しかも、立派に満足できる品質。

 要するに、どこの国の人だろうがちゃんとわかってる人が
作るかどうかと言う所が最も重要なんですね。

第83回 白+紺

 先日、我が家の子供たちの間でこんな会話がなされていました。

兄「おとうさん、僕は次のサイズも白い剣道着と袴がいい」
弟「えー、それじゃ女の子みたい」

 そこで、お父さんが口をはさみます。
父「じゃあ、お父さんは女の子か?お父さんも時々上下白着るぞ?」
弟「うん、おとうさんも女の子。」
父「ちょっとまて、A先生もB先生も白着てるぞ?」
弟「うー、みんな女の子だー!」
父「なんでお前は...あ、ちょっと待て!」

 論理的に行き詰まった下の子は、速攻で逃げましたが
さて、実のところはどうなんでしょうか。

 子供たちが着ている剣道着は白地に黒の刺し子、もしくは
紺地に白の刺し子(今は六三四刺と呼ばれています。
昔は違ったんですが...。)です。軽くて動きやすく
冬は寒いですが、子供にはぴったりです。

 しかし、これは大人は不思議と着ませんね。決まりはない
んですが、TVのドラマで剣道を知らない衣装さんが
準備した以外は、大人で着ている人は見たことがありません。
 大人は無地の細かい刺し子で、もう少し厚めの生地です。
少しくらい叩かれても衝撃を吸収し、怪我を防ぐことができるからです。
藍染、二重、手差しと手間がかかるにつれて、値段も高くなります。

 以前お会いした先生は、新潟県の農村の農家のおばあちゃんが
農閑期に一針ずつ縫う手差しの剣道着という、非常にレアな
剣道着を着ていらっしゃいました。新品なのにすばらしく
やわらかくて着やすいとのことですが、まあ、そこまででは
なくとも、一着はいい剣道着があるといいですよね。

 さて、色ですが白と紺、どちらを選ぶかは完全な好みです。
多くの場合は藍染ですが、何故藍染になったかというと
藍は殺菌作用がありますので、少し汗をかいても、繊維に
多少汗が染みついても匂いが付きづらかったり、繊維自体の
ダメージが少ないからです。
 一方で白の利点というのは「色落ちしない」これにつきます。
ただし、汚れやすいので袴も頻繁に洗わないと汚くなります。

 また、その昔は切腹の際には白い着物でしたから
命を捨てる覚悟で稽古をするという意味で着ている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

 一般的にはやはり学生の場合男子は紺、女子は紺か白
という所が多いですが、学校で男子チームがそろって白だったり
すると目立つので、学校や道場で試合は白を着たりという
ところもあります。大人では、お年を召された高段の先生が
よく白を着たりしますし、皇宮警察は全員白の剣道着と袴です。

 上が白、袴が紺や黒というパターンもあります。
ただし、試合などではあまり見ませんけど。大人の試合は
大体が紺の上下ですね。上が紺で下が白は見たことがありません。
まあ、見慣れないだけでおかしくはないんでしょうけどね。

 そういえば、藍染の剣道着と白い剣道着、うっかり一緒に洗って
白い剣道着がすっかり水色になってしまったこの週末でした。
ううううううう。(涙)

第71回 下着はつけるか

 「昔から、袴の下にパンツははかない」とパンツをはかない人がおります。
こういう方は男性に多いです。小中学生は「はかない率」も落ちると思いますが
高、大学生、社会人の方にはまだまだ多いようです、そして女性はほとんどの方が
下着をつけていらっしゃるようです。

 しかし、かく言う私も高校までは下着を履かない派でした。
なぜかというと、柔道などの格技では特にトランクス式の下着だと伸縮しない
タイプが多く、伸縮しないと投げられるときに締め付けられて酷い怪我を
するといわれておりましたし、それに、やはり夏は暑いからですね。

 しかし、ある先生が
「もし怪我をした時に、病院で袴を脱がなければならないことが
あるかもしれない。その時に下着を着けていないのは医者や看護をして
もらう人に失礼である」
とおっしゃっておりました。
 確かにその通りだと思いましたので、私も考えを改めて、下着をつける
ことにしました。

 さて、「昔は着物だからパンツははかないんだ」と言う方もいらっしゃい
ますが、ちゃーんと男性はフンドシと呼ばれる下着をつけていました。そこで、
私も褌をつけてみました。(想像しないで下さい。)褌と言っても、お祭り
などで履くビッとした六尺ではなく、略式の越中褌です。

 実はこのふんどしが結構良くて、晒し木綿を使ったものですと
汗の吸収もよく、洗っても乾きやすい。袴の下着用するには実に優れた
下着でありました。

 ただひとつの問題は、パッと体育館の隅で着替えたりする時に
下着まで脱いで着替えるのが、ちょっとはばかられる事と
稽古が終わった後で、すぐに着替えなければいけないとき、
ジーンズなどの下に褌をはくのが、あまり使用感が良くないということです。

 それ以外は実に快適でした。しかし、あまりにも愛用しているうちに
ボロボロになってしまい、ストックも底を尽きてしまったのと
急いでその場で着替える事があまりにも多いので、面倒くさいのとで
今は夏の暑いときの稽古にたまに着用するくらいです。

 褌は戦後しばらく後までは普通でしたが、その後はお祭りの時と着物を
着る人以外は、ほぼ完全に廃れてしまいました。私の周りでも、知って
いる人で褌をしめていた人は、お寺の住職で仕事柄毎日着物を着ていた
母方の祖父くらいでした。

 しかし、今は着物ブームで隠れた愛好家も増えているそうでインターネット
でも購入できます。専門店もいくつかあります。柄も豊富な柄で、
なかなかおしゃれな柄がそろっています。

 ですが、侍の死装束は白です。戦に臨む時は派手な鎧や着物で着飾っても
下には新しい白襦袢と白い褌を締めて戦に向かったといいます。
 お祭りの時は、派手な褌で神輿を担ぐのもなかなか粋だとは思いますが、
剣道で褌を締めるときは、侍の様に古風に純白な褌で望みたいと思うのは
私だけでしょうか。

第10回 自分で畳むことの大切さ

 剣道着や袴をたたむのはちょっとしたコツがあります。
ご自宅でたたみ方がわからない場合は、インターネットで検索して下さい。
小さいお子さんも慣れれば自分で出来るようになります。
自分の稽古着を自分でたたむのも大切な稽古のうちの一つです。

 剣道の稽古は、まず自分が練習しなければ上達しないものです。
自分で剣道着を畳むというのは、自分の為に自分で努力をする練習です。
袴をたたむのは最初は難しいので、たたむ目の前でちゃんと見せて、
最後は紐だけでも自分でさせるところから始めてください。

 また、是非これを機会にお父さん方にも「男の作法」として
袴のたたみ方を覚えるのも悪くはないと思います。
子供にさせるには、まず親がやってみましょう。
慣れるとなかなか楽しいですよ。
ピシッとたためた時は実にいい気分です。

 剣道着は洗わないんでしょ?と聞かれる事がありますが、
洗って下さい!洗わないと臭いです!
実は日本の藍染は抗菌作用があり、汗に侵されにくいので、
強い洗剤は必要ありません。

 また、高い本藍染の剣道着はこちらの洗濯機だと
激しく色落ちしてしまうし生地も傷んでしまうので、
ぬるま湯か水で手洗いが基本です。
お湯だと汗は落ちやすくなりますが、
藍も落ちやすくなりますのでご注意を。
夏場は出来れば汗をかいた直後に
すぐに洗ってしまうのがもっとも良いと思います。

 冬の稽古などで、あまり汗をかいていなくても
必ず吊るして干すようにして下さい。
少なくとも2回着たら洗います。

 ただし、子供の剣道着はそんなに上等に出来ていませんので。
洗濯機でネットに入れて「弱」で洗っても大丈夫です。
ただし、紺色の場合は色落ちするので
他の物と一緒に洗わないようにしてください。

 剣道は昔から防具や剣道着の臭さが問題でした。
臭いの元は細菌ですので、洗わず天日に干すだけでも効果的です。
ただし、その際は殺菌処理をして下さい。
デトールかユーカリオイルなどを水で薄めたものを
全体に軽くスプレーするのがお勧めです。
(ファブリーズは匂いがついてしまうのでお勧めしません。)

 袴は夏でも干すだけで数回の稽古に一回洗うくらいで大丈夫ですが、
安い袴は背板の部分の中身が型崩れするか擦り切れてしまいます。
手洗いでつけ洗いがお勧めです。
洗濯機の場合は、必ずたたんでネットに入れて
「手洗いモード」で洗って下さい。
また藍染のものは直射日光に当たると色があせるので、
陰干をお奨めします。